おやじのたわごと 

 へたくそながらもランドギャルという怪しげな空飛ぶ車を製作し、2005年尾島のラジコン航空ページェントに参加することができ、ますますラジコンにはまっています。 


はまったきっかけ

 保育園のバザーで100円で購入したパイパーカブのバルサキットを2週間ばかりかけて作り上げました。元は5000円ほどするらしい、ユニオンモデルの本格的なキットです。完成したので近くの公園で飛ばしましたが・・・・ちょっとは飛んだけど、見事に墜落、主翼がぽっきり折れてしまいました。さて・・。
 2002年10月に自宅に待望のADSLを導入しました。それまではダイヤルアップ接続だったので時間を気にしながらインターネットを楽しんでいたのですが、これが無制限となると今まで以上にあちこちのページを覗く機会が増えます。そんな時、目についたのが「紙飛行機のページ」でした。何人かの方が紙飛行機を楽しんでいる様子を拝見しました。
 最初はHPからダウンロードしてきた機体をはさみとのりと格闘しながら組み立てて飛ばしました。同じ機体を何機も作って子供とも楽しみました。近くの公園にお弁当を持って行って一日中飛ばしていたこともあります。
 そのうちにそれでは飽き足らなくなって自分で機体を作ってみたくなりました。見よう見真似で作った機体がいくつかあります。この機体達は素人の作品の割にはよく飛んでくれて楽しめました。
 ・・・・なかなかヘリコプターにたどりつきませんね。それでは本題に入ります。


紙飛行機

小学生の頃、紙飛行機といえば・・・「子供の科学」で決まりです。当時、この雑誌に付録していた「よく飛ぶ紙飛行機」を毎号楽しみにしていました。購入するとすぐに組み立てては大事に飛ばしていました。気に入った機体は作るのが惜しくてボール紙に移してオリジナルは大事に保存していました。(オリジナルはどこかへなくしてしまいましたが。)
 もう1冊、楽しみにいていた本がありました。それは、「模型とラジオ」です。この本には・・現物がないので裏覚えですが・・Uコン、ラジコン、鉄道模型、一般模型?、ラジオ、アマチュア無線などがぎっしりと詰め込んでありました。ただ・・当時の小学生であった自分にはとてもとても高価な内容でまだまだ購入するという訳にはいきません。それでとりあえず楽しむことができる紙飛行機でストレスを発散していたわけです。


Uコン

 確か、中学2年生の時だったと思います。おもちゃやさんの店頭でUコンを見つけたのは・・。それは透明なパッケージに入った白い小さなメッサーシュミットでした。クリスマスにということでようやく買ってもらった最初のエンジン模型です。
 小さなエンジン・・・Cox049だと思います・・・と始動用具一式が付属したポリカーボネート製の真っ白な機体。夢にまで見た初めてのエンジンです。初心者向けのUコンだっと思いますが、どうも舵をコントロールできた記憶はなく、ひもでぐるぐると振り回すだけだったようです。
 はやる心を押さえて冬の寒いある日、近くの小学校の校庭で初飛行に挑戦しました。説明書通りにこれまたエンジン一体型の小さな燃料タンクへ注射器で燃料を注入して、グローに通電します。(乾電池)バネにプロペラを引っかけてぶるるん・・かからない!。
 何度も何度もやりました。でも、かからない。 
 半日以上粘ってようやく・・かかった!。助手がいなかったので石で飛行機を押さえておいて慌ててハンドルを握り、ラインを強引に引っ張ります。 「うわーっ、自分の方に向かってくる。」思わず、逃げて機体を蹴りました・・・・。でも、この機体丈夫なんですね。さほど壊れた様子もなくてほっとしました。
 思い直してエンジンを再始動・・・多分1時間くらいかかったと思います・・・今度は慎重に離陸。「よしっ、飛んだ!」うん、確かに機体は宙を飛びました。ぐるぐると・・半径が5m位だったので自分もぐるぐると・・目が回るー・・気がついたら機体は墜落、プロペラが折れてました。
 さて、この後、機体はどうなってしまったでしょうか?。家にもないし、再飛行した記憶もありません。今でも保管してあれば当時の貴重な資料になると思いますが、どこにいってしまったんでしょうね。


ラジコンバギー

初めてのラジコンは京商のエンジンバギーです。高校2年の時でした。ピーナッツバギーという名前だったと思いますが、小型のエンジンが付属した本格的なバギーカーでした。
 初めて手にしたプロポを説明書を頼りに車体に搭載、例の小学校の校庭でエンジン始動!。やっぱりなかなかかからなかったけれど、どうにか始動。やや、思ったように走るぞ。しかもエンジンだから迫力がある。このにおいもたまらない!。けっこうこのバギーは楽しめました。
 うまく走るようになるといろいろといじりたくなります。あちこち改良(破壊?)してはいろいろな場所で走らせてみました。ある日、公園で走らせていると突然コントロール不能に陥りました。これをノーコンというのは後で知りましたが。・・・何もエンジン全開で池に向かって全速力でダイブすることはなかろうにねえ。そのままエンジンは再度始動できませんでした。


ラジコンボート

バギーがイケポチャして、エンジンがだめになってしまったのでプロポだけ降ろして敵討ちしようと組み立てたのがラジコンのモーターボートです。田宮の魚雷艇のプラモデルに無理矢理受信機とサーボを押し込んで完成させました。
 いつもの校庭というわけにはいかないのでバギーが突っ込んだ池(松川プールという桜の名所です。)に持っていって池に浮かべてスイッチオン!。「るるるー。」とモーターの音も軽やかに池の中を走り回ります。「これはおもしろい!」しばらく走らせていると池の真ん中で非常停止。あれ?、電池切れでした。不意の電池切れが多かったので緊急回収装置(竹竿)は必需品でした。
 このボートの最後は・・・快調に走らせていたある日、敵襲と思ったのか、池の主(鯉)から尾っぽパンチを一撃食らってあっけなく沈没。なんとか回収したもののメカは再起不能でとなりました。
 この時、高校3年だったのでそのまま受験勉強へと突入・・ラジコンとはしばらくお別れとなりました。


20年後のパイパーカブ

・・・・そんなこんな(ってどんな日々?)で20年の月日が流れました。バザーで購入してあったバルサキットのユニオンモデルのパイパーカブ。100円で買った記憶がありますが、元は5000円だったらしい・・。しばらくほおってあったのを突如組み立てたくなりました。久しぶりのバルサ工作、要領を忘れてしまっていて、四苦八苦したけれど、2週間ほどかけてなんとか完成!。近くの公園でさっそく試験飛行です。
 ゴムを150回巻いて・・・前に押し出すようにそーっと放す・・・よしっ、飛んでる!。あれっ?、左に傾いて着陸というか、墜落。もう一度巻いて・・・やっぱり左へ・・・何度か調整して、それっ、もう一度。なんとか飛ぶけど・・・あっ、とうとう主翼が折れちゃいました。修理しなけりゃいけないな・・・。(未だにこの状態のままです。)


紙飛行機2

いやあ、紙飛行機は奥が深いですね。しばらくやって飽きて・・・またやって飽きて・・・この繰り返しで今まできています。ただ、最近はインターネットのおかげで本を買わなくても新しい機体を入手できるようになったのが大きな違いです。
 ダウンロードして印刷、組み立て、飛行を繰り返しているうちに自分でも設計したくなります。設計にもパソコンが活躍します。最初に使っていたイラストレータは仕事でも使いますが、JW-CADはフリーのソフトなので誰でも無料で使うことができる優れたソフトウェアです。主に建築設計用ですが、紙飛行機の設計にも最適です。ぜひ、お試しあれ!


目覚めた!?ヒロボーロビン

 紙飛行機にはまって飛ばしているうちにまたまたおもしろいページを見つけました。パークプレーンのページです。気がついてみれば20年以上の時が過ぎ、飛行機もモーターで飛ぶようになっていました。小型軽量で安全、狭い場所でも遊べる・・そんな言葉につられて購入したのがHIROBOの「ロビン」です。2002年10月購入。HPから注文するとなんと後払いで届けてくれるのがToyshopさんです。6600円で購入しました。
 完成品なので電池を入れればすぐに飛行できます。単3、6本を送信機に入れて機体用の小型NiCDに2分ほど充電。機体へ戻してスイッチON!うわお、結構元気にモーターが回ります。
 さっそく近くの公園で飛ばしてみました。このロビン、1スティックで左右のモーター回転だけで旋回、上昇をコントロールします。モーターを回して手で投げて・・・・おっ、飛んだ!。でも・・うまくコントロールできません。あっ、どこかへいっちゃう。モータを止めれば落ちてきます。どさんと落ちるとプロペラ破損。翼がちょっと折れてます。テープと瞬間接着剤でちょっと直して再飛行。しばらく飛んでまた墜落。1日目で機体はぼろぼろ・・でもまだ飛びます。やがてプロペラがなくなりました。2個1組で500円とちと高いので今も壊れたままで箱に入っているロビンです。いつか機体を自作新調して再飛行させようと思っています。


ゴムコプタ

ネットを徘徊しているといろんなページがありますね。「ゴム動力ヘリコプタ」のページを見つけました。竹とんぼに毛が生えたようなものから双発ローターの本格的な物までけっこう楽しめます。この中で一番単純な物を試作してみましたが・・・・やっぱりゴム動力竹とんぼの域を出ることはできませんでした。小型のモーターを使った電動ヘリコプタなんてのもあります。
そういえば・・ラジコンヘリコプタは高嶺の花だったなあ・・なんて思い出しました。学生の頃は金がなかったし、今までの生活ではなかなか時間がないし・・(やっぱり金もないけど。)
心のどこかにラジコンヘリコプタへの想いがふつふつと沸き始めたのはこの時かもしれません。


念願のヘリコプタ

 楽しかったけれど、墜落続きのロビンをなんとかものにしようとあちこちのHPを徘徊しているうちに見つけてしまったのがオークションのページ・・。存在はもちろん知っていたけれど、今までにアクセスしたことはありませんでした。
ちょこちょこと覗いているうちに「ラジコン」カテゴリを見つけました。その中に・・・ありました、ありました・・・中古の機体がいっぱい!。自動車に飛行機・・おおっ、ヘリコプターがある!しかも値段は小遣いで買える程度に安い!。
 即座にIDを取得したのは言うまでもありません。
 しばらくページを眺めているうちに白羽の矢を立てた機体がありました。オークションなので最初は安くても次第に値段が上がっていきます。入札して7日目、終了直前までパソコンの前で粘り続けた末に落札したのが・・・京商の30ヘリコプター「ネクサスTypeS」です。