道具のページ

 このページではヘリコプタ・模型工作一般の製作・調整に使っている道具の紹介をします。普通の工作でも使う物、ヘリコプタ特有の物があります。道具は高い物の方がしっかりとしていて長く使えます。特にドライバーは安物を使うとネジの頭をなめてしまって悲しい思いをすることになるので良い物を選んでください。ここに紹介している道具達も必要に応じて(または衝動買いで)少しづつ買い集めました。


おなじみCRC556、グリスメイト、イーグル模型の脱脂洗浄剤です。脱脂剤はスプレーで買うと高いので液体の物を一斗缶で注文しました。16リットルで4000円です。
ロータバランサ。これを使ってロータのバランスを測定し、トラッキングテープで調整します。

ドライーバードリル。2003.3購入。
前から欲しかったのですが、高くて手が出せないでいたのを、ホームセンターの大安売りで2000円以下で購入しました。しょっちゅう使わないので充電式だといざというときに、まず充電!となってしまうため、AC式を選んでいます。スピード調整がついていないとヘリの機体はプラスチック製が多いのでねじの締めすぎになります。
部品箱。
細々としたパーツを入れてます。100円ショップで購入。
ネジ箱。
一般用途の3mmネジを各種長さに整理して入れてます。箱自体は100円ショップで購入。
リンクペンチ。
ヘリコプタ特有の道具の一つです。最初は様子がわからずにリンクボールが大きい用を購入してしまいました。(赤いほう)なんとか使えたのですが、大は小を兼ねないので小さい方も購入しました。
ドライバーセット。
当初、6角レンチが欲しくてホームセンターで1000円ほどで購入しました。通常のにぎりとソケットレンチタイプの握りが入ってこの値段ならお得だと思いますが、ビットの精度はいまいちです。8mmのソケットはプラグレンチとしても使用できます。
ドライバードリルのビットとしても使えるのでお得かもしれません。
6角ドライバーセット。
片側がボールドライバになっているタイプです斜めに差し込めるので便利です。セットで購入したのであと10本ありますが、1.5mm,2mm,2.5mmのものだけをばらして工具箱に放り込んであります。
6角ドライーバーセット(高級品)。
上のセットだけを最初は使っていたのですが、長いネジだと柄がないと回すのが嫌になってしまうのでちょっと高級品をおごりました。3本セットで1450円です。
ピッチゲージ。
ローターのピッチを計測するには必需品です。オークションで安く買おうと思いましたが、送料まで考えるとちっとも安くないので新品での購入です。
ペンチ達。
奥からニッパ、ラジオペンチ、フラットペンチ、先細ペンチ。どれも普通の工作用です。ニッパとペンチは20年来使っているもので、手前二つは100円ショップで購入しました。小型の物が使いやすいです。
ドライバー達。
一般的なドライバーです。+とボックス1本は単品で使ってますが、後は必要になればセットのドライバーを使います。2,3ミリのネジに対応していればOKだと思います。
ヤスリ達。
若い頃から工具箱の中にあってお世話になっています。20年物ですが、現役です。
はさみとカッター。
テープを切ることが多いのでフッ素コーティングのねばつかないはさみです。カッターは一般用と細工用です。どちらもホームセンターにあります。
ノギス。
小型の物ですが、1本あるとやはり便利です。ものさしとしてももちろん使えます。
テープ達。
両面テープとビニールテープ。何にでも使えます。
リンクトリマー。
リンクの内側を削り取って「渋さ」をなくす道具です。削りすぎると大変なことになります。JR製、定価1200円です。
精密ドライバー。
これは安物ですが、なるべく良い物を購入した方が幸せが訪れるのが早くなります。
はんだごて。
30Wクラスと60Wクラスがあると便利です。電動ヘリコプタ関係でよく使います。
圧着ペンチ。
コネクタをかしめるのに使います。ホームセンターに売っています。
テスター。
ヘリコプタだけでなくよく使います。一家に一台必需品です。写真は懸賞で頂戴した高級デジタルテスターです。
クランプメータ。
電動ヘリの消費電流を配線を切らないで計れますが、借り物で計測しただけです。1万円くらいで売っていました。